TriCaster Advanced Edition - インデプス

TriCaster™ Advanced Editionにより、追加ハードウェア不要でショーをさらにクリエイティブにコントロールできます。100超のオペレータ中心の性能により視聴者が増え、ブランド標準が高まり、また他のショー中のニーズに対応するために費やされる貴重な時間を節約できます。


Advanced IP Workflow

ビデオオーバーIP新機能
Send and receive real-time, low-latency, frame-accurate video over IP on a standard network infrastructure via the NDI® protocol, NewTek's innovative Network Device Interface technology, with any NDI-enabled device on the same LAN available as a video source or destination.

オーディオオーバーIP新機能
同一のLAN上のNDI対応デバイスをオーディオソースまたは移動先として利用できるようにして、NewTekの革新的なネットワークデバイスインターフェイス技術であるNDI™プロトコルによる標準ネットワークインフラストラクチャーでのIP経由でマルチチャンネルのオーディオを送受信します。

IPソース選択新機能
TriCasterスイッチャー上の外部入力から同一のネットワーク上のすべてのNDI対応デバイスの入力と出力の両方にアクセスします—これによりすべてのプロダクション用に利用できるビデオソースの数を劇的に増やすことができます。

IP出力新機能
出力信号、サブミックスまたは個別のソースを4つのフル構成可能なIPビデオ出力を持つNDI対応デバイスへ送信することで、お使いのTriCasterシステムからより多くのビデオを配信します。


オーディオ

オーディオルータ新機能
すべてのオーディオ入力用の4つの完全な4x4ルーターを使用して、入力チャンネル(もしくは入力チャンネルの組み合わせ)を出力チャンネル(もしくは出力チャンネルの組み合わせ)にマッピングすることで、より高度なオーディオルーティング構成を適用します。

入力レベル制御新機能
すべて(1入力あたり最大4つまで)のオーディオチャンネルを独立的に制御してサウンドを微調整します。

オーディオ出力新機能
4つ(マスター、Aux 1、Aux 2およびAux 3)のIP対応クアッドチャンネルのIP出力バスによってオーディオ信号を供給することで、すべての設定に対し完璧なサウンドミックスを出力します。

Danteオーディオネットワーキング
Expand integration and IP workflow possibilities with audio input over the network from devices that use the Dante* networking protocol from Audinate.
*AudinateからDanteバーチャルサウンドカードのライセンスが必要です(別売)

オーディオ出力構成
TriCasterの内蔵オーディオミキサーからのマスターとAUXオーディオミックスの出力を外部オーディオ装置へ直接、専用に割り当てます。この修正された構成により、マスターとAUX 1は最初の2つのアナログ出力グループへ個別に供給されます。

オーディオレコーディングのオプション
チャンネル単位のオーディオ信号の選択により各ISOレコーディング用のキャプチャされたオーディオソースを構成します。

初期設定のメディアファイルレベル
メディアプレーヤーに追加されるすべてのファイルへプリセットレベルを割り当てることにより、ノンネイティブのクリップとサウンドファイル用のオーディオレベルを個別に構成するのに費やす時間を減らします。

ノイズゲート
低レベルサウンドを排除するオーディオミキサーの新しいノイズゲート設定を使用してより優れた精度でオーディオ信号を管理できます。

VUメーター
アップデートされたVUメーターインターフェイスでより簡単かつ正確にオーディオクリッピングを決定して高品質のサウンドを実現します。


データ

データリンク統合
専用のデータ入力ソフトウェアを追加することなく、ライブプログラムの内蔵および外部ソースからのリアルタイムのデータを使用します。内蔵データリンクは、選択されたデータをグラフィックステンプレートのタイトル、コメント、ファイル名および他のフィールドにマッピングし、対応するコンテンツを即時アップデートし—自動的にまたはオンデマンドで—最も最新で正確な情報が得られるように保証します。

データリンクファイル・ウォッチャー
スポーツの統計および販売データなどの詳細な情報をグラフィックスに変換する時間を節約します。データリンクとCSV、XMLまたはASCIIファイルを使用して、RAWのスプレッドシートデータをリアルタイムで編集してアップデートできるプロダクション対応のタイトルページへ変換できます。


マクロの自動化

マルチステップのマクロ
タイミングがすべてだが不測の事態に備えたい時は、専門家のペース設定および(ライブの)キュー出しが再開されるのを待機する内蔵の一時停止を備えたマクロコマンドを使用して自動化されたシーケンスを作成することでコントロールを行います。

マクロの起動
オーディオレベル変更、メディア再生および特定のスイッチャーアクションを含む新しいトリガー、および同一のマクロに複数のトリガーを割り当てる機能を使用して自動化されたマクロシーケンスを有効にする追加的な柔軟性を追加します。


メディアプレーヤー

プレイリストエフェクト
プレイリストメディアとさらにはリアルタイム、スローモーション、ファーストモーションをクリップ単位の再生速度設定に組み合わせたものとの間のトランジションを追加して、搭載されたメディアからより一体感を生むプレイリストのシーケンスをプロデュースします。

リアルタイムのクリップ編集
簡単な内蔵のクリップのスプリッティングとトリミングのツールを使用してDDR再生用のRAWレコーディングとビデオファイルのターンアラウンドを高速化します。


モニタリング

作業空間の構成新機能
最新の作業空間レイアウト、追加のビデオプレビュー・ウィンドウそれにTriCaster 8000、860および460用の拡張オプションのディスプレイポートを使用して、お客様のモニタリングのニーズに対応できるようにユーザーインターフェイスとマルチビューディスプレイを構成してください。

ライブ出力モニタリング新機能
強化された信号処理と完全なフィールドレートのデインターレーシングを使用してより高い品質の出力ビデオプレビューで作業できます。

ディスプレイ出力
補助的なディスプレイポートを使用してモニター、ディスプレイまたはプロジェクトするためにより多くのビデオ信号の選択肢から選び—また、ワークフローへのセットアップのすべてのスクリーンをカスタマイズします。

ブルー専用オプション
すべてのモニターと互換性のあるブルー専用ビューポイントオーバーレイでより高い柔軟性と精度でビデオ信号を較正します。

Proc Ampのモニター
ユーザーインターフェイス、マルチビューおよびディスプレイポート用の較正可能なカラー設定を使用して環境の照明条件および外部ディスプレイ設定を補正します。

マルチビュースコープ
マルチビュー上に大きなウェーブフォームおよびベクタースコープディスプレイを使用してより高い精度でビデオ信号を較正します。


オペレーション

クリーンM/E出力新機能
柔軟性のあるダウンストリーム使用またはアーカイブのためにリアルタイムのオーバレイなしでM/Eサブミックスを出力することをオプションとして選択します。

コントロール面のマッピング新機能
最新のスイッチャーレイアウトに対しCSボタンのマッピングを修正してコンパニオンコントロール面から直接追加のビデオソースにアクセスしてください。

コントロール面のサポート新機能
すべての最新CSモデルに対する汎用サポートにより、お好みのTriCasterコントロール面をTriCaster Advanced Editionと組み合わせてください。

ハードウェア構成新機能
単一の構成パネルに集中させたGenlockとPTZの設定を含む、ローカルの入力と出力接続でハードウェアのセットアップを合理化します。

LTC新機能
LTCのタイムコードソースに差し込むだけで24時間ラップアラウンドを含めお使いのTriCasterプロダクション用に外部タイムコードの構成を自動化できます。

ビデオレイヤー管理新機能
フルタイムでフルモーションの信頼性モニターと統合されたレイヤー優先順位を含む強化されたコントロールを使用して、リアルタイムでスイッチャーBKGD、DSKおよびKEYレイヤービデオソースを簡単に識別、監視および管理することができます。

フレームの同期
内蔵フレームシンクロナイザーを無効にするオプションを使用してTriCaster 860および460のゲンロックされたソース用に可能な限り最低のスループット・レイテンシーを確保します。

SDI自動検出
大部分のセッションフォーマットのSDIカメラ用の解像度とフレームレートの自動検出を使用してSDIシステムのセットアップ中の時間を節約します。

IPネットワーク・タリー
出力をTriCasterネットワーク入力へ送信している互換システムへネットワーク経由で供給されるオンエアのステータスをビジュアルに表示することで、オンエア時の間違いを減らします。

メタデータ
コメントをソース、クリップおよび画像へ付けて、ワークフローを単純化すると同時に高度化します。データリンクはコメントを内蔵データソースとして使用してタイトルをフィードする、パブリッシュされたコンテンツにラベル付けする、メタデータを入力するなどを行います。

UIのエンハンスメント
新しいビジュアルインジケーター、アップデートされたショートカットとコントロールツール、マウスオーバーで表示するツールのヒントおよびほ他のオンスクリーンの改善によってより効率的に作業し、ショーにより鋭い視線を持ちつづけてください。

ボタンのロック
現在の状態に対してコントロール面のボタンをロックすることで偶発的な事故や間違いからライブプログラムを保護します。

セッションのレコーディング
専用のセッションレコーディングブラウザのフォルダを使用してより迅速にアクティブで完了したレコーディングを見つけ、検証します。


パブリッシング

グラブの構成新機能
オプションとして外部スイッチャーのビデオソースから直接スチルをキャプチャするか、4つの出力の組み合わせから一群のスチルをいっせいにキャプチャするかのいずれかによって、最新のグラブ制御を使用してショーからスクリーンショットをスナップします。

パブリッシュターゲット新機能
Imgur、LinkedIn、Vid.meおよびVimeoを含む新しいパブリッシング先を備えたさらに多くのオンラインコミュニティ-とお客様のプロダクションのメディアをシェアできます。

マルチアカウント・パブリッシング
Maximize productivity and reach more friends, fans, and followers with the ability to publish media to multiple user accounts on the same social network simultaneously.

フレックス・メディアパブリッシング
パブリッシュのキューから直接のファイルのライブ中のインポート、エクスポートおよびトランスコーディングにも対応しているアップグレードされたパブリッシングワークフローを使用してより多くのフォーマットでより多くの場所へより多くのファイルをパブリッシュします。

アルファ・グラブ
パブリッシングまたはポストプロダクション使用のために、アルファチャンネルのトランスペアレンシーを完備したローカルビンから静止画をグラブします。


リプレイ

ショー中リプレイコントロール
特別なハードウェアまたはクルーを追加せずに、日常のプロダクションを再現されたドラマへ変えます。イントロとアウトロのトランジション、クリップ速度と持続時間、アングル選択および自動再生アクションを含むオンスクリーンコントロールおよび他のリプレイエレメントを使用して、ライブショーのハイライトをキャプチャしてリプレイします。


リソース

自動化および統合についてのガイド
TriCasterを使用したマクロ、ショートカット、高度の自動化および統合されたプロダクションについての詳細なガイドを使用して、お客様の知識およびプログラムの可能性を拡張してください。

ディベロッパーのライブラリー
TriCasterの最も深い機能性をさらに多く活用し、独自のワークフロー拡張を開発する新しいツールと実例を使用してプロダクションのエコシステム全体を拡張してください。


ストリーミング

エンハンスされたライブストリーム
より簡単なセットアップと新しいワンクリックのプリセット(現在は Microsoft Azure、Twitch.tvおよびYouTube Live用の設定を含んでいる)を使用してウェブキャストのワークフローを簡素化し、また高品質のライブストリーミングビデオでお客様のオンラインでのプレゼンスをアップグレードしてください。

マルチプラットフォームのライブストリーミング
新しいエンコーダーを追加せずに潜在的な視聴者を倍増させ、複数のプラットフォームとサービスへ同時にライブストリーミングすることによってより多くの視聴者へ配信して様々な視聴者を惹きつけてください。


スイッチング

自動ラベリング新機能
スイッチャーのボタンが対応するNDIソース用に自動的にラベル付けされるオプションを使用して有効なライブ入力の視覚的な確認を維持します。

外部入力構成新機能
接続されたカメラ、ハードウェアビデオソースまたはIPビデオソースの任意の組み合わせ用にTriCasterスイッチャー上の外部入力を自由に構成します。

入力フィルタリング新機能
精度フィルタリング機械工がサムネイル型のソースのプレビューを使用してすべての利用できるハードウェアとNDIソースのリストから希望の入力を簡単に見つけて選択できます。

PREVIZシステム新機能
個別バス上のサンドボックススタイルの制御を使用してスイッチャーまたはM/E用に設定を構成してプレビューし、次にコピーアンドペーストの簡単な要領で複数のバスにわたってライブ撮りまたは適用します。

スイッチャー入力新機能
TriCaster 460、410およびMiniについては6から8へ、TriCaster 8000および860については10から12へスイッチャー上の外部入力の数を増やしてより多くのライブソースにアクセスします。

スイッチャーバンク新機能
2つのタブ付きボタンバンクと16のMEMスロットプリセットを使用してすべての新たな入力とバッファを含む、スイッチャーからのすべてのソースにアクセスしてそれをミックスします。

ルータ対応
互換性のあるアップストリームビデオルータに接続し、次に選択し、ユーザーインターフェイスから直接ルータソース間で切り替えることによって TriCaster Pro Line(またTriCaster Miniも)モデルのいずれかを使用してカメラ撮影範囲を拡張します。

アンドゥ/リドゥ
アンドゥとリドゥ・コマンドで即時に不要な変更または意図せぬ結果を処理することで大忙しになるトラブルシューティングややり直しのストレスを回避することができます。


ビジュアル

フルモーション・コンポジションエンジン新機能
詳細な構成、ポジショニング、キーフレーミングとエフェクトそれに加えて即時識別とリコール用のサムネイル型スナップショットとカスタム仕様のラベルを使用して、TriCaster 8000、860および460のスイッチャーとM/E上に高度なコンポジションとDVEスタイルのモーションシーケンスを作成し保管します。

LiveSetレンズフレア新機能
バーチャルなカメラ位置での変化に対応するアニメートされたレンズフレアを表示するオプションを提供する強化されたLiveSet技術を使用して、ライブのバーチャルセットのプレゼンテーションに特別なリアリズムの感じを追加できます。

LiveSetプリセット新機能
TriCaster 410およびMiniでのLiveSetエフェクト用に8つの(合計16)追加ショットのプリセットを構成して保存します。

M/Eリエントリー
TriCaster 860および460を使用して信じられないくらいクリエイティブなレイヤリングされたエフェクトをプロデュースします—すべてのM/Eバスには利用できるソースとして他のすべてのM/Eが付属し、より深いより複雑なミックス/エフェクトオペレーションを可能にします。

M/Eソースレイヤ
ミックス/エフェクトコンポジション用のソースの最大限数を倍に増やし、すべてのM/Eで最大4つまでのソースに対応するTriCaster 860および460上でバーチャルセットを選択します。

DSKおよびキーオーバーレイ
3倍以上のオーバーレイエフェクトチャンネルを持つTriCaster 860および460上により多くのタイトル、グラフィックスおよびビデオレイヤを表示します—スイッチャーは現在4つのDSKに対応し、各M/Eには4つのキーレイヤが付属します。

セカンド・キーレイヤ
TriCaster 410およびMiniを使用してより高度なビジュアルを作成します—各M/Eにはタイトル、グラフィックスおよびビデオレイヤを適用する第2のキーレイヤが付属します。

自動カラー
ビデオ入力間の自動カラー合わせを使用して、変わりやすい照明条件およびカメラ設定(専用のシェーディング位置を要求されることの多い野外でのイベントでは特に)用に修正しなければならない手動の労力を減らすことができます。

ボーダーエフェクト
ボーダーや影をビデオレイヤへ追加することによりより精密なコンポジション、高度なビジュアルおよびカスタムのマルチボックスエフェクトを使用してオンスクリーンのエレメントを作成およびカスタマイズし、プロダクション価値を高めることができます。

バッファ
TriCaster 410およびMini中の5つのアニメーションバッファおよびTriCaster 860および460中の10個のアニメーションバッファを使用してより多くの保管されたアニメーション、モーショングラフィックスおよびループするクリップにアクセスし再生します—これによりDDRを犠牲にせずプレゼンテーションをアップグレードできます。

リアルタイムモーショントラッキング
トラッキングスケール、アスペクト比、位置および回転に対応してオンカメラのエレメントの動きに従うようにキーイングされたTriCaster 860および460をマッピングします。

リアル感が増強されたキーレイヤ
LiveSetズームとパンの動作をたどるキーレイヤをロックすることでバーチャルセットにもう一つの次元を追加します—これによりただのオーバーレイではなくセットの一部として表示されるようになります。

特別なクリエイティビティ
JPEG-XR、JPEG2000およびWebPなどのフォーマットに対応したことで、コンバージョンなしでより多くの画像ファイルを受け入れ、新しい追加式および非追加式のフェードトランジションを使用してショットおよびシーケンスを組み立て、新しいLumaキー設定を使用してLiveMatteビジュアルを構成し、エッジフェザリングでTriCaster 860および460にソフト感を与え、また説明、描写、引用その他をパラグラフのテキストに対応するタイトルページと簡単に合体させることもできます。

画像処理
静止画像およびグラフィックスそれに加えて高品質のLiveSetレンダリングとスケーリングのエンハンスされた処理によってさらに磨きのかかったビジュアルを提示できます。


ウェブ

TriCaster用データリンク
複雑化した統合をせずにライブプロダクションのコンテンツとしてウェブからのテキストまたは画像を使用します。外部コンピュータ上のGoogle Chromeブラウザに拡張機能を単純に追加し、またデータリンクを使用してデータ、写真、ソーシャルメディアの投稿その他をネットワーク経由で送信し、TriCasterの指定されたタイトルまたはグラフィックスに即時にデータ入力するかまたはアップデートします。

TriCaster ホームページ
スマホ、タブレットまたはラップトップ – また同一ネットワーク上の対応したデバイスからアクセスできるシステム特有のTriCasterのホームページからTriCasterユーティリティ用データリンク、アップデート、ダウンロード、ドキュメンテーション、チュートリアル、顧客サービスその他などのIP管理ツールにアクセスできます。

仕様は通知なく変更できるものとします。

x
Chat with a Sales Specialist