TalkShow VS 4000
Skypeのチャンネル
同時に最大4つまで
ハードウェアビデオ入力
4 x HD-SDI with embedded audio
ハードウェアビデオ出力
エンベデッドオーディオ付きのHD-SDI x 5
ハードウェアオーディオ入力
  • 4 x エンベデッドSDIオーディオ
  • 2 x balanced XLR (line)
ハードウェアオーディオ出力
  • エンベデッドSDIオーディオ x 5
  • 2 x balanced XLR (line)
IPネットワーキング
Video and audio over IP via NewTek NDI®
ビデオ構成を呼び出す
ホワイトバランス、プロセスアンプ制御およびオートカラーを含む全面的に構成可能な色補正設定
ビデオ構成を返す
各Skype発信者に戻すためのビデオソースを選択可能
通話音声の構成
ゲインコントロール、7バンドイコライザー、コンプレッサー/リミッター、ノイズゲートなど、オーディオの設定を全面的に構成可能
オーディオ構成を返す
Skype®通話者へ返すための選択可能なオーディオソースおよびミックスマイナスチャンネルコントロール
Talk Back
ヘッドセットを介してオペレーターと発信者間の直接のオフエア通信に対応
ビデオモニタリング
選択可能なレイアウトとオプションのオーバーレイを備えたHDMIモニターポートと、構成可能なマルチビューアのワークスペース x 2
オーディオ・モニタリング
ステレオ 1/4インチ・フォンジャックとオンスクリーン・オーディオVUメータリング
通話管理
Skype TXのコントローラソフトウェアが付属
対応する入力フォーマット
  • 1080i – 50、59.94
  • 1080p – 23.98、25、29.97
  • 720p – 24、25、29.97、50、59.94
  • 576i – 50
  • 480i – 59.94
対応する出力フォーマット
  • 1080i – 50、59.94
  • 1080p – 25、29.97
  • 720p – 25、29.97、50、59.94
  • 576i – 50
  • 480i – 59.94
通話レコーディング
NewTek IsoCorderアプリケーションを実行する外部ハードウェアとの統合によって対応
タリー
HD15 GPIコネクタによるハードウェア・タリーまたはNewTek NDIによるネットワーク・タリー
ウォータマーク
オプションとして出力時にSkypeのロゴに対応
コントロールインターフェイス
直結のマウスとキーボードのUSBインターフェイスが必要です
GPI
HD15 GPI コネクタ
リファレンス
SD(バイレベル)またはHD(トリレベル)および+4dBUオーディオ基準レベルに対応するGenlock入力
信号モニタリング
統合型ウェーブフォームとベクトルスコープ、デジタル校正付きフルフィールドレート、カラープレビュー、ITU-R Rec.601への対応
通話の処理中
自動アスペクト比変換、通話品質モニタリングならびにバンド幅がオペレータが定義するプリセット値を下回ったときにオーディオと共にスナップショットするフェイルオーバー
システムの処理中
  • ビデオ:フローティングポイント、YCbCr +A 4:4:4:4:4
  • オーディオ:フローティングポイント、96kHz
標準
  • HD-SDIビデオはSMPTE 292Mに準拠します
  • SD-SDIビデオはSMPTE 259Mに適合します
NIC
2 x 1 ギガビット NIC
フェイルセーフ機構
マルチティアド・フェイルセーフ機構および総合システムリストア
システム本体
  • 180W PSU付き1RU筐体
  • 19.0 x 1.75 x 16.75インチ(48.3 x 4.5 x 42.5cm) ラックイヤー付属
  • 15ポンド(6.8kg)
仕様は通知なく変更できるものとします。
x
Chat with Customer Support
x
Chat with a Sales Specialist