TalkShowの機能のインデプス

SDIとIPライブプロダクションワークフロー両方のためにライブのプロダクション即時対応のSkypeビデオ通話を出力する施設クラスのビデオ通話ソリューションを使用して、ただちに現場までまたはオンラインでリーチできる世界中の誰とでもライブでつなぐことができます。


必須事項

標準Skype通話からのブロードキャストスタイルのビデオ
自動的なアスペクト比変換およびバランスの取れたオーディオで、スキャンコンバーターは不要。

最適化されたオンエア・ビデオ
NewTekの特許権のあるリアルタイムビデオプロセッシングエンジンは、優秀なスケーリング、フォーマット変換、アスペクトおよび色補正のルーティンを組み込み、着信通話ビデオの品質を優先させるためにリターンビデオの解像度を制限します。

内蔵ビデオ品質チェック
予測外のバンド幅の制約がオペレータが規定するプリセット値未満で生じたときのカスタムなスチル画像へのフェイルオーバー。

SDI I/O
ライブビデオ通話をSDIプロダクションスイッチャーもしくはルーターへ出力し、Skype経由で遠隔発信者へリターン信号を送信するSDI入力ソースを承諾します。

Skype複数者同時通話
グループ通話するかTalkShow VS 4000で4名の連絡先の組み合わせを待機させるか、あるいは複数のTalkShow VS 100のユニットをスタックして、単一インターフェイス内ですべての通話を管理します。

Skypeアカウントを持つ誰とでもアクセスできます
また手持ちのデバイスにSkypeアプリをダウンロードしてインストールし、アカウントのサインアップをした他の人たちにもアクセスできます。


他のSkype TXソリューションをご覧になりますか。これ以上ご覧になる必要はありません。ショーの前、最中また後であっても — ビデオ通話ワークフロー全体を完全にコントロールできるのはTalkShowだけです。

TalkShowにしかない強み

他のビデオ通話プロダクションシステムはスタジオ品質のSkype通話をスイッチャーへ単に渡すだけです。TalkShowを使用すれば、すべての通話を高品質で、より効率的で、また終始よりネットワークTVらしくすることができ、ショーが終わった後でもしっかり作動を続けます。TalkShowだけが、通話の前、最中および後に — ビデオ通話ワークフロー全体の完全なコントロールができます。


セットアップ

IP経由のビデオ
Integrate TalkShow into IP video workflows via NDI®, NewTek’s innovative Network Device Interface technology, which allows TalkShow to send Skype video calls across a standard network to TriCaster® and other NDI-enabled systems and devices, and receive NDI video sources over IP for return to caller. TriCaster will also send a tally notification downstream to TalkShow to indicate when a Skype call is on air.

小さくてシンプル
貴重な空間を無駄に使いません。個別のTalkShowシステムはお客様のラックの1RUしか占有しません。単一かマルチユニットの設置かに関わらずどんな施設、コントロールルームまたはプロダクション環境であっても簡単に組み込むことができます。

優れたリターンサウンド
TalkShowはネットワークもしくはSDI経由でシステムへ入ってくる信号の入力に対するマルチチャンネルのオーディオに独占的に対応するので、オペレータは発信者へ戻すリターンオーディオとして使用できるミックスマイナスなどの複数の選択可能なオーディオフィードを利用できます。

IP経由のオーディオ
You heard right. In addition to audio over IP via NDI, TalkShow includes integrated support for Dante audio, interfacing with other audio devices utilizing the Dante networking protocol from Audinate®. In addition to sending and receiving audio over the network, and versatile audio source selection, TalkShow supports extensive management of network audio signals, including gain, equalization, compression, metering, and more.
Dante audio support available only on input for TalkShow VS 4000.

信号モニタリング
お客様のビデオを較正し、TalkShow VS 4000のユーザーインターフェイスからすぐにアクセスできる内蔵のウェーブフォームとベクトルスコープのディスプレイについて、信号が放送規格に準拠することを確認してください。

システムの復旧
TalkShowは随時工場出荷時の設定に戻すことによって、オペレータがシステムの変更をアンドゥできる包括的なリストア機能を持ちます。


オンエア

Talk Back
ヘッドセットとボタンのクリック、または外部GPIトリガーによってSkype発信者と直接オフエアで通信します。TalkShowのトークバック機能を使用して、オペレータ、プロデューサーまたはディレクターはスタジオ内のタレントやクルーに応対するのと同じくらい簡単に発信者と話し、また彼らが発信者に準備させ、指示を送り、放送される前に追加情報をリレーできるようにします。

色補正
管理されたスタジオ環境の外部で、照明条件やカラー特性が理想的とは言えないとき、TalkShowを使用して簡単に補正できます。これはNewTekのフル構成可能なProc-Amp設定および自動色補正が付属する唯一のソリューションなので、画像特性はリアルタイムにモニタリングを必要とせずダイナミックに最適化できます。遠隔発信者のビデオはいたるところに存在するでしょうが、視聴者はプロフェッショナルのプレゼンテーション作品を見るのだということを忘れないでください。

プレビュー・モニタリング
フルモーションのSkype通話の予測は、フルモーションのプレビューで確認できるはずですので、オペレータは通話が正確にはどのように進行するのかがわかります。他のソリューションでは毎秒およそ5フレームのフレームレートでのビデオプレビューに頼りますが、TalkShowはリアルタイムの入力と出力信号のモニタリング用のフルモーションの高品質ビデオプレビューに対応します。

タリーに対応
常に誰が話しているのかを知る必要があります。TalkShowは発信者がオンエアであることを表示して彼らへ返すタリーのオーバーレイビジュアルに対応する唯一のSkype TXソリューションです。タリーのオーバーレイはカスタマイズ可能で、ショーのロゴや選択したグラフィックを入れることができ、会話がライブになっている時に発信者に知らせるだけでなく、プログラムを追加的にブランド化するチャンスも作ります。

タリーを備えた内蔵ビデオスクリーン
TalkShow VS 100のオペレータは、TalkShowシステムがマルチシステムのインストールでオンエアされることを迅速かつ簡単に検証して発信者がライブなのか待機中なのかを表示するタリーのサポートを使用して、発信者が現在そのシステムに接続されていると即座に認識できるフェースプレートに内蔵されたビデオスクリーン経由でフルカラーのプレビューを見ることができます。
TalkShow VS 100でのみ利用できます。

プロフェッショナルのオーディオツール
受信および発信するオーディオ信号は、ゲインコントロール、コンプレッサー/リミッターおよび7バンドの入力および出力イコライザーを使用して完全に構成可能で、サウンド品質をエンハンスし、コンシステンシーのレベルを調整し、またクリッピングまたはオーバードライビングを防止します。TalkShowには、正確なリアルタイムのオーディオモニタリング用のdBFS、dBUおよびdBVUを含むすべての一般的なプロフェッショナルのオーディオスケールで構成可能なVUメーターディスプレイが付属します。

構成可能なモニタリング
TalkShow VS 4000はデュアルディスプレイのモニタリングとコントロール、オプションで受信と送信のビデオ信号のピクチャーインピクチャーの画面表示に対応し、様々なマルチビューのレイアウトから選択して、お客様の希望に沿って作業空間を構成するための個別の通話モニターに対しセーフエリア、センタークロスおよびオーディオVUメーターを含む最適なビデオオーバーレイをそれぞれ個別に適用することができます。
TalkShow VS 4000でのみ利用できます。

最小限のレイテンシー
TalkShowはブロードキャスト環境内で統合されゲンロックされると最低のレイテンシーになるように最適化されます。


ショーの投稿

録画および再利用
TalkShow VS 100は、ボタンのワンクリックで外部USB 3.0またはSANストレージへどんな通話もフルバンド幅でレコーディングすることができるので、実行中に通話をキャプチャして後日の放送またはまったく新しいプログラムに使用することができます。またどちらのモデルもNDIによるネットワーク経由で遠隔のレコーディングができるNewTek IsoCorder ProとNDI IsoCorderと互換性があります。通話は、すべての主要なノンリニアエディタで作業できる明瞭なQuickTimeファイルとして保存でき、すべての他のNewTekシステムはアーカイブ、ポストプロダクションおよびプレイバックに対応しています。
TalkShow VS 100でのみ利用できます。

仕様は通知なく変更できるものとします。

x
Chat with a Sales Specialist