NewTekスタジオ

Tip Jar | Interactive Demo

TriCaster® 2 Elite at the heart of IBC's 5G Remote Production Accelerator Program

2021年3月12日、著者: Scott Carroll

第5世代の新しいモバイルワイヤレスネットワーク「5G」について考えるとき、多くの人は携帯電話でのデータ通信の高速化を思い浮かべます....しかし、非公共ネットワーク (NPN) を利用した 5G には、スマートフォンをはるかに超える堅牢性があり、ブロードキャスターにとっても大きな変化をもたらす可能性のあるビジネスとしての側面があります。

IBC 2020がオンラインのみのプレゼンに縮小されたことを受け、IBC の推進プログラムは、5Gネットワークの採用や理解だけでなく、進行中のパンデミックやコンテンツ全般のデジタルトランスフォーメーションにも関係するブロードキャスターが今日直面している難題に取り組むテーマへ急速に切り替えられました。

IBC でプログラムを率いる Mark Smith は、「推進プログラムは、イノベーション、特にブロードキャスターとスタジオ、その他のコンテンツプロバイダーとの協働を促進するために、IBCが統合したフレームワークでした」と述べます。「プロダクションワークフロー用の IP への転換、AI などの破壊的技術、あるいは5Gのようにオンライン化する新しい配信ネットワークなど、このセクターに影響を与える課題はたくさんあります。」

IBCは、ブロードキャスター10社と NewTek を含む技術供給業者6社からなる「チャンピオン」コンソーシアムを形成しました。配信したのは、アムステルダムの RAI、ロンドンの IBC オフィス、アムステルダムの運河を走るボート、Viacom のアムステルダムスタジオ本社外側の海岸、ドローン空撮などをテーマにし、すべて5Gでライブ中継したオンライン・ブロードキャストの特集コンテンツでした。全ての信号は様々な手段でロンドンに送られ、TriCaster® 2 Elite プロダクションシステムが全ての受信信号をインジェストし、IBC Showcase 2020にチューニングしているオンライン視聴者に向けてライブプレゼンテーションにスイッチしました。リハーサルの予定はありません。

2020年9月10日のライブ送信には、ロンドンからのパネルディスカッションや、音楽アーティストの Emma Heesters をゲストに迎えて運河のボートから AI カメラでコントロールした 5G 対応の撮影が含まれていました。船と岸壁をリンクさせ、舞台裏の機器構成を見せたり、RAI でのディスカッションにライブでリンクしたりしました。

5G リモート推進プログラムを特集する IBC Showcase 2020 は、アムステルダムの RAI で最小限のクルーで立ち上げられました

アムステルダムの運河に浮かぶボートからの信号を、5G でロンドン中心部のロケーションへ送信しました

優秀な音楽アーティストである Emma Heesters が、アムステルダム運河の船上で2曲をライブ演奏しました。

関係者全員がリモートで作業をし、イベントの前日まで一度も同じ部屋で会うことはありませんでした。各ロケ地のスタッフは最低限の人数しかいないため、カメラの位置などの調整も難題でした。最初の試運転は、ブロードキャスト業界の同業者の前で実際にライブストリームを行い、ナーブと5Gネットワークを同時に試験しました。これは、IBC Showcase 2020のイベントビデオの中で最も多く視聴される結果となりました。

4つの別々のロケーションから送られるすべてのフィードは、Viacom のロンドン本社にある TriCaster 2 Elite へフィードされました。カメラの信号がスイッチされ、ここから観客に向けてライブでストリーム配信されました。

接続サービス=創造的な自由
チームが TriCaster 2 Elite を選んだのは、AI 対応カメラ、ドローン撮影、ライブパフォーマンス、アムステルダムの RAI など、どこからでもユニークでダイナミックなライブフィードを取り込むことができるからです。これらの別々のフィードは、様々な IP トランスポート経由で Viacom London に転送され、最終的に TriCaster 2 Elite でミキシングされ、配信されました。TriCaster 2 Eliteは、このイベントのわずか1ヶ月前に出荷され、初めて現場でのライブプロダクションで使われました。各遠隔のロケーションから受信される様々な入力やプロトコルを同時に管理できる世界で唯一の機器として、完璧に機能しました。TriCaster 2 Elite は、ほぼ全てのウェブ会議ツール、全ての IP ビデオソース、スマートフォンにも対応しています。これらは、ほぼ無制限の従来型 SDI ソースとの併用で同時にアクセスすることができます。当日のパフォーマンスは、他のシステムにはないコアな機能性のユニークなミックスとして新たな基準となりました。

BBC Technology Strategy & Architecture の技術移転とパートナーシップマネージャー、Purminder Gandhu は、「非常に強い熱意がありましたが、結果としては、5Gが必要な形で利用できるようになったときにブロードキャスターがやりたいはずの仕事はどんなものかを典型的に例示したものになりました」と語りました。「現在、多くの技術やメーカーが、どのようにして適応し、革新し、未来図に合う新技術を提供できるのかを考え始めており、そんな初期段階で参加できたことは、とても興味深かったです。NewTek や(他の技術供給業者)に関しては明らかにそうでした。弊社が実現しようとていたものと非常に合っていました。」

5G のテイクアウェイ
リモートプロダクションは、スポーツ、ニュース、エンターテイメント、イベントカバレージなどのライブを、従来の外部ブロードキャストより効率的に制作する方法として将来性を見込まれており、カメラの台数が多くてもカメラオペレーターの人数は少なくて済み、スタッフは中央スタジオから解放されて複数のイベントに取り組むことができます。2021年にはさらに重要な規格が完成する予定で、5Gの展開のごく初期段階では、さらに多くの可能性が期待できます。プロジェクトリーダーである BBC R&D の上級技術移転マネージャー、Ian Wagdinは、「ブロードキャスターは、5G が展開途上にあることを知っており、通常の展示会でのデモンストレーションではなく、現場での実践的な視点から、誇大広告に隠れたこの技術の真のレベルを理解したいのです。」と語りました。「このプロジェクトでは、さまざまな種類のネットワークを使って、すべてのブロードキャスターが相互の問題を理解しようとしながらプロセスで作業したということです。」

接続サービスは、集約型でなく、大規模なブロードキャストを行わない業界の未来の鍵となります。5Gに加えて、ファイバー、WiFi、ハイブリッドソリューションが登場します。これらの技術がどのように調和するかを理解することが重要です。IBC 2020 での大胆な「5Gリモートプロダクション推進プログラム」のおかげで、ブロードキャスターの間で理解と信頼がはるかに高まっており、大きな不確実性の時期にあって将来への良い兆候となります。

私たちがチャンピオン10社です:

  • BBC (プロジェクトリーダー)
  • Al Jazeera Media Networks
  • BT Sport
  • EBU
  • ITV
  • SVT
  • TV2 Norway
  • ViacomCBS
  • Yle
  • Olympic Broadcasting Services

技術供給業者として参加の6社:

  • Aviwest
  • Huawei
  • LiveU社
  • Mobile Viewpoint
  • NewTek
  • Sony

支援パートナー:

  • EE
  • VodafoneZiggo
  • ストラスクライド大学
Share this article:

TriCaster, Education, NDI, Home Page, Broadcast - Traditional, Broadcast - Web, Broadcast, Cameras, Customer Stories, Government, Live Production, Live Streaming, NDI Page, Popular Stories, NewTek NDI PTZ1 Camera, Public Access, Streaming, TriCaster Page, TriCaster TC1, TriCaster Mini,

教育、NDI、TriCaster,


NewTek製品の
購入場所

NewTekには世界中にリセラーを配置したネットワークがあります。そこの全員が当社製品の専門家であり、ビデオプロダクションとストリーミング業界のプロです。

このツールを使用してお近くのNewTekのリセラーを見つけてください。

リセラーの検索

ソリューション専門家に相談

NewTek システムと NDI を使用したライブプロダクション・ワークフローについて専門家のアドバイスを得るか、または当社のソリューション・エキスパートがお手伝いします。

x
Chat with
Tech Support
x
Chat with a Sales Specialist