3Play 440- インターフェイス

番号付けガイド付きの3Play 440のインターフェイス

  1. ユーザーインターフェイス- 最大4つまでのライブビデオソース(他にも互換性のある外部ビデオルータを使用したもの)、オーディオソースおよび付属のハードウェアコントロール面を接続してマルチチャンネルのレコーディング、マルチ速度プレイバック、マルチパブリッシングおよびアセット管理が可能です。
  2. マクロ- 頻繁に使用するコマンドとシーケンスを自動化する。一連のオペレーションをマクロイベントとして記録し、内蔵のマクロエディタで必要に応じて調整を行い、次に一回のクリック、キーストロークまたはボタン押下で起動します。
  3. グラブ - 全てのアングルからのアクションのフリーズフレームを同時にキャプチャし、次に統合型のメディアパブリッシングシステムを使用してHD画像をソーシャルメディアアカウントおよびストレージターゲットへ投稿します。
  4. レコーディング- ビデオチャンネルを最大4つまで同時に録画できます。ファイルはネイティブ解像度で高品質のQuickTimeフォーマットへ記録され、メディアパブリッシング、ポストプロダクションまたはアーカイブ目的に使用できます。
  5. ライブのデスクトップモニター - VUメーターオーバーレイを使用してフルフィールドレートのプレビューディスプレイとモニターオーディオレベルですべてのアングルからのアクションをビューします。統合型のマルチビューモニタリングによって、追加のレイアウトから選択し、すべてのオンスクリーンモニターをセカンドディスプレイに送って作業スペースを拡大できます。
  6. 出力モニター - 標準のトランジションまたはカスタムのアニメーションを使用して2つの完全に独立したプレイアウトチャンネルのライブビデオ出力をモニターしてミックスします。
  7. オーバーレイ- ライブソース、タイトル、グラフィックスおよびアニメーションをプレイアウトチャンネルにレイヤリングする、一つのプレイバックアングルを同時ピクチャ・イン・ピクチャプレイバック用の別のアングルにレイヤリングする、またはゲームクロックをキャプチャして公式レビュー用のプレイバックにレイヤリングする。各々のDSKオーバーレイは独立したポジショニング、スケーリングおよびクロッピングに対応しています。
  8. チャンネル情報 - タイムコード、クリップ持続時間および再生速度を含む、AとBの出力チャンネル用のキープレイバックデータをビューします。
  9. ファーストクリップ・ウィンドウ - メタデータを入力して編集し、クリップを検索、フィルタリングまた分類し、さらに直感的な3Play 440のアセット管理システムを備えます。ファーストクリップはフレキシブルデータエントリーとナビゲーション用のコントロール面とキーボードの両方からの入力に対応します。
  10. バッファ - ネットワーク経由でリアルタイムに編集およびアップデートするウォッチフォルダ機能を使用してオーバーレイに使われるプレプロデュースされたビデオ、モーショングラフィックス、タイトル、バグおよびアニメートされたエフェクトにアクセスします。
  11. トランジションクロスフェード、ワイプおよびディゾルブを使用してリアルタイムでAとBのプレイアウトチャンネル間にトランジションを行う、–または内蔵オーディオとTransWarpエフェクトを持つフルカラーのAnimation Storeトランジションを使用する。統合型のAnimation Store Creatorアプリケーションで、独自のカスタムのアニメートされたトランジションおよびワーピングビデオエフェクトを構築できます。
  12. ネットワーク入力 - 同一のローカルネットワークに接続されたiPad、iPhoneまたはiPodのようなワイヤレスのApple AirPlayデバイスからのコンピュータスクリーンやディスプレイを共有します。3Play 440はNewTek LIveTextからのタイトル、グラフィクスおよびスコアボードデータならびにオーバーレイアプリケーション用の互換性のあるNewTekディベロッパーソリューションも受け入れます。
  13. クリップリスト - プレイバック用のすべてのマーク付けしたイベントおよびクリップを管理します。マルチタブ構造、カスタマイズ可能なタブ名およびクリップ単位のメタデータエントリ-が効率の良いアセット管理と編成を可能にします。
  14. クリップモニター - アクションがライブのデスクトップモニターで継続している間、録画したイベントからのすべてのクリップアングルを同時にプレビューします。クリップモニターはユーザーインターフェイス、マルチビューディスプレイまたはその両方に内蔵させることができます。
  15. プレイリスト - オーディオとプレイバックのクリップ単位の管理を使用してハイライトリールを作成します。マルチタブ構造を使用して複数のクリップシーケンスを構築して編成し、次にAnimation Storeトランジションおよびバックグラウンドミュージック曲でカスタマイズします。
  16. タグ - 即時メタデータエントリー用の独自のコードシステムを作成して管理します。タグをチーム、再生タイプ、プレイヤーその他へ割り当て、次にキーストロークからの完全な説明または単純なコントロール面のコマンドを構築します。
x
Chat with a Sales Specialist